女性の薄毛の症状と特徴、そしてそもそもの原因について考えていきましょう

頭頂部の分け目の薄さを気にする女性のイメージ

男性の脱毛にも種類があるように、女性の脱毛にもいろいろと種類があることがわかっています。女性の脱毛の種類についてここでは見ていきましょう。

女性の薄毛の症状は実は6種類に分けることができます。自分がどの種類に当てはまるのか知ることで、適切な脱毛の改善への治療を受けることにもつながるのではないでしょうか。

女性の原因の一つとしてよくあるのがびまん性脱毛症です。こちらは頭髪全体が髪の毛の脱毛が目立って薄くなっています。女性の悩みにとても多いと言われています。

特に40歳以上の薄毛に悩む人によく見られておりその原因は老化やストレスによるもの、極端なダイエットによるもの、間違ったヘアケアなども原因です。

そして分娩後脱毛症。これは聞いたことがある人も多いでしょう。出産後一時的に薄毛になるタイプです。これが原因になっているケースでは妊娠しているとき、お腹の赤ちゃんに栄養を取られてしまっててそれが原因で出産後に薄毛になるというケースがあります。

こちらはずっと続くわけではなくて、一時的であることが大半ですので、しばらくしてホルモンのバランスが元通りになれば、また髪の毛が生えてくることのほうが大半でしょう。

そしてひこう性脱毛症です。こちらは頭皮環境が著しく悪い状態で乾燥しています。ふけが大量に出ているので、そのフケが毛穴を塞いでいますから炎症につながっているのです。

毛穴が塞がれてしまえば、髪の毛の成長を止めてしまいますから、それが原因で髪の毛が生えなくなり薄毛になるという仕組みです。

それ以外に、円形脱毛症、牽引性脱毛症、脂漏性脱毛症などが挙げられますが、どれも自力で原因がわかるものばかりではありませんので、専門外来へ受診することをおすすめします。